大人用おむつ等の介護用品からベビー用品まで豊富な品揃え「公式 ユニ・チャームダイレクトショップ」

お問い合わせ窓口:0120-33-8617(8:30-20:30/土日祝日も営業)

5,000円以上のご購入で500円引きキャンペーン!
医療費控除とは 医療費控除を受けるための必要書類 医療費控除Q&A

ご存知ですか?紙おむつの購入で税金の一部が還付されます。
医療費控除は、納付した税金の一部が還付される制度です。医療費の合計が年間で10万円、または所得金額の5%を超えた場合、申告すると税金の一部が戻ってきます。この医療費には、医師が必要と認めた紙おむつ、失禁用尿取りパッドなどの購入費も認められます。

医療費控除とは?
医療費控除とは、すでに納付した税金の一部が還付される制度です。
同じ生計で暮らしている家族(*)の支払った医療費が、一年間で10万円もしくは所得の5%を超えた場合に、確定申告すると税金の負担を軽くすることができます。
また医療費控除とは、納税者が対象となります。


*)= 同居している家族の他に、同居していなくとも仕送りで扶養している親や子供も同じ生計で暮らしている家族とみなされます。


控除の対象となるのは?
医療費控除の対象には以下のものが含まれます。領収書は必ず保管してください。

紙おむつや失禁パッド類の購入費用
医師による診療・治療の代金
通院時の交通費
入院にかかわる費用
医師による往診費
薬代(病院処方の薬・市販薬いずれも可)
介護保険で利用した一部のサービスの自己負担分
治療のためにマッサージ師に支払った費用
松葉杖や義歯、義足、義手、補聴器などの購入費用
 

* 上記は代表的なものの一例です。くわしくは、お住まいの地域の税務署にお問合せ下さい。
* 健康診断や病気の予防費用、健康増進費用(医薬部外品・健康食品など医薬品以外の購入費)、見舞い客向けの費用、美容整形費用などは、医療費控除の対象とはなりません。
* 控除の対象となるのは、前年1月1日~12月31日までの1年間に支払った医療費です。


控除を受けるまでの流れ
1 かかりつけの医師に「おむつ使用証明書」を発行してもらう
2 医師が治療に必要を認めて紙おむつを購入・使用を開始した日から、おむつの領収書を保存しておく
*「おむつ使用証明書」の発行日に関係なく、「おむつ使用証明書」に記載された必要期間の始期以降に購入したおむつ代が医療費控除の対象になります。
(領収書には使用者の名前と大人用おむつであることがわかるようにする)
3 確定申告の際(毎年2月16日~3月15日)に、おむつ使用証明書と領収書を添えて税務署に申告する
4 2年目以降の確定申告の場合
介護保険の要介護認定を受けている方は、「おむつ使用証明書」の代わりに、主治医意見書の内容を「市町村が確認した書類」または、「主治医意見書の写し」を使用することができます。
ただし、介護保険適用外の方は、2年目以降も従来通りの書類が必要となります。


※おむつ使用証明書を印刷されたい方はこちらからどうぞ。
おむつ使用申請書はこち(PDF)

医療費控除とは 医療費控除を受けるための必要書類 医療費控除Q&A